2016年09月20日

明星研究会 第10回 <シンポジウム> のお知らせ

今回は、「 与謝野晶子の古典愛 ―「源氏物語」から何を吸収したか ―」というテーマで行われます。
米川さんがパネルディスカッションに登場します。
斬新な歌集『みだれ髪』によって短歌の概念を一新した晶子が古典文学に見出したもの。その核心に迫ります。 多くのご参加を心待ちにしております。

● 日時  2016年11月27日(日)13時40分〜16時40分 (13時15分 開場)

● 場所  日比谷コンベンションホール
       (千代田区日比谷公園1番4号【旧・都立日比谷図書館B1】 電話03−3502−3340
        東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B2・C3出口より徒歩約5分)

● 会費  2,000円(資料代含む)、学生1,000円(学生証提示)

● 定員  200人

● 内容

【第1部】 講演「与謝野晶子が発見し、作りかえた源氏物語」
        島内景二(電気通信大学教授・歌人)

【第2部】 源氏研究者と歌人によるパネルディスカッション「晶子の古典愛、寛の古典力」
        内藤明、 米川千嘉子、 島内景二、 司会: 松平盟子(歌人)
        総合司会: 古川玲子

● 申し込み
 下記、明星研究会宛てに、名前・郵便番号・住所・電話番号を記入してお申し込み下さい。 なお、当日の直接参加も可です。
 apply★myojo-k.net  (★ を @ に替えて送信してください。) 
 「明星研究会」事務局

posted by かりんの広場 at 01:38| イベント